米の虫の発生原因と、夏場の保管方法

米の虫の発生原因

今の時世、食品に虫が混入することはほとんどありません。しかし、お米には憎っくき米の虫が発生することがあります。米屋からすると、残念ながら、米の虫を100%駆除することは不可能ということが事実なのです。本日は夏場の炊飯の注意点と、米の虫の発生原因について解説します。

お米に沸いてしまう虫

コクゾウムシについて

米の虫がお米の中から出てくる、という話がありますよね。これは実際に起こり得る現象です。証拠写真は閲覧注意のため割愛しますが、この現象こそが、開封したお米に虫が混入している原因になります。

イラストはコクゾウムシと呼ばれるお米の虫です。コクゾウムシはまさにお米をたべる虫。この虫が発生したお米は、夜中静かになったとき、お米を齧る音がミシミシと聞こえてきます。また、この虫はお米の中心に卵を産み付けます。孵化した幼虫はお米の中でお米を食べて育ち、やがて成虫となってお米から脱出してきます。このため、製品として出来上がったときにはコクゾウムシがいなくても、お客様に届いた時や保管中に発生することがあります。

ノシメマダラメイガについて

ノシメマダラメイガは、白いお米をガリガリするというよりは、お米のヌカやヌカ層、胚芽の部分を好みます。また、お米以外に小麦粉やチョコレート、クッキーなど油分の多い加工食品インスタントラーメン、ペットフード、ドライフラワーにも発生します。このように、様々な食品が餌となるのでどんどん増えてしまいます。発生したお米を捨てたらいなくなるというわけでもないのが厄介です。5月から10月までがよく発生する時期です。食べても害はありませんが、放置しておくとどんどん増えます。

幼虫は白いイモムシのような外見です。この幼虫はものすごい力を持ち、お米の袋ぐらいなら余裕で穴を開けます。そして、冬の間は幼虫で越冬します。たとえば段ボールが良い住処です。

幼虫はこの波々の空間に入り込みます。段ボールは暖かく、越冬には適した空間と言えます。

また、メイガの卵はとても小さくて白く、

出典:https://ja.wikipedia.org

精米ラインでは卵を完全には除去できません。このため、製品に卵が入っていた場合、お店で販売中やご購入後、幼虫となって発生してます。

コクヌストモドキについて

コクヌストモドキは白いお米ををガリガリするというより、お米のヌカなどの粉っぽいものを好みます。また、お米以外にも小麦、シリアル、パスタ、ビスケット、豆、ナッツ等、乾物の貯蔵できる食品に発生します。

羽があるので飛翔能力もあり、外部から侵入してくる可能性もあり得ます。食物倉庫などを持たれている場合はこの虫の発生に気を付けてください。

長くて3年程度も生きることもあり、段ボールや材木等で越冬します。食品倉庫で段ボールや材木(パレットも)を何年も置かれていたりする場合は、一度確認したり、新しいものに交換したり、素材をプラスティックのものに変えたりしてみましょう。

色彩選別機の内部写真

もともとは原料に卵が混入していたり、外部からの飛翔で、精米工場のヌカが溜まっているところに棲み付きます。ヌカが溜まっている場所は設備の死角になることが多いので注意が必要です。その部分の清掃が不十分であった場合、そこで繁殖した虫の卵が製品に混入します。卵は異物除去機でも選別が難しく、製品になってしまうことがあります。

幼虫はすごく小さくて細いので目立たず、成虫になってから発覚するケースが多いです。もし発見したら、食品保管庫や長期保管している乾物を疑ってみましょう。

さて、次のページでは、夏場の炊飯の注意点と、米の虫の発生原因について解説します。